みんなであそび、みんなでまなぶ。七里ふたばこども園へようこそ

教育・保育方針

top_theo_00_193-50px
top_theo_01_193-50px
top_theo_02_193-50px
top_theo_03_193-50px

ご挨拶

新藤義孝
学校法人清新義塾
七里ふたば こども園
園長 新藤 義孝

平成2年川口ふたば幼稚園副園長、平成16年同園長に就任。
平成8年より衆議院議員となり、総務大臣政務官、外務大臣政務官、経済産業副大臣等を歴任。
第二次安倍内閣で総務大臣に就任。
幼児教育の現場に携わり、教育と政治の両面からこどもたちの明日を見つめています。

 私たち『学校法人清新義塾』は、1969年の『川口ふたば幼稚園』開園以来、のべ10,000人以上の卒園児を送り出してきました。
長年培ってきた幼児教育のノウハウを活かし、こどもにとって本当に良い教育とは何かを追求した結果、働くお母様や子育てに悩む保護者の方々に安心していただける場所、多様化している家庭の生活スタイルに対応できる教育施設として『幼保連携型認定こども園』という新しい制度による『七里ふたばこども園』を2016年に開園いたしました。

 園舎は木のぬくもりを感じられる木造耐火構造の2階建てを採用。温水シャワーや床暖房など、最新の空調設備を整えています。

 園庭は広さ1000㎡あり、江戸時代より続く樹齢300年と言われる木々たちの『自然の森』やコンピューター制御の『水と緑のきらめき広場』、独創的なデンマーク製の総合遊具があり、こどもたちが全身を使って外あそびを楽しめます。

 中央エントランスには『ぼうけん小屋』やボルダリングがある『こどもの森』を設置。こどもの好奇心と運動能力を育む仕掛けを随所に組み込みました。
オートロック式の園内はセキュリティも万全。緊急時には警備会社が迅速に駆けつけます。

 また、幼保連携型の名の通りにすべての園児が栄養士の管理のもと、プロの調理師によるあたたかい自園調理の食事をランチルームにて楽しむことができます。
延長保育や子育て支援事業など、お父様お母様の心と生活に余裕がもてるような配慮も充実させながら、親子でともに園生活を楽しめるよう心掛けていきたいと考えております。

 笑顔いっぱい、愛情あふれる先生たちとともに、お子様と一緒のご来園を心よりお待ちしております。

学校法人 清新義塾とは

「いきいきとさわやかに、正しい人の道を学ぶところ」という意味を込めて、清新義塾と名付けました。
『川口ふたば幼稚園』と『七里ふたば こども園』の2園を運営しています。

リンク集

top_link_fb_193-50px
top_link_tw_193-50px
top_link_kf_193-50px
top_link_nf_193-50px

PAGE TOP